比較地域研究論第3回用メモ

1.ケースの選択
 1)自らの知りたい「地域」の特色を生かせるケースは何か
 2)調べられるケース、調べられないケース → データの所在
 3)ケースは常に研究手法と共に

2.どんなケースがあるか調べて見る
 1)よく分析されているケース → やりつくされている事も多い(単なるまとめになる)
 2)「類似した」ケース → 1)とどこが違うかが肝心
 3)「誰にとって重要なケース」か
 ○自分にとって重要
 ○地域にとって重要
 ○理論的に重要

2.さて、そもそもあなたは「地域」についてどの程度知っているか?
 1)基礎的データ?
 2)特色?
 3)歴史?
 
3.ケースを選択する前に − 「地域」について調べる
 基本的な作業
 1)簡単に手に入るものを取りあえず見る/読む/聞く
 2)他人に聞いて見る
 3)少し時間をかけて調べて見る
 ポイント
  余り専門的なものからはじめない − 「(地域研究をする人/地域の人が)誰でも知っている事」をまず抑える
  勝手なイメージで語らない(知らない事を前提ではじめる)

4.どう調べるか考える
 1)使える言語で考える
 2)まずはインターネットから?
 3)「定評のある概説書」を探して見る

inserted by FC2 system