木村 幹, KIMURA, Kan



関西学院大学の学園祭、「新月祭」にて

e-mail: Kan_Kimura@yahoo.com

研究業績等一覧についてはこちらをどうぞ 

国籍日本 身長165cm 体重65kg+α 血液型O型&Rh+
現住所:兵庫県 性別:男
本籍地:兵庫県西宮市   帰省先:奈良県生駒市 出生地:大阪府河内市(現東大阪市)
お家柄 江戸時代は今の岡山市古新田の大庄屋。その前は潰れた某藩の家老をしていたと言う伝承があります。
略歴 梅花保育園→島之内保育所→東大阪市立英田小学校→生駒市立生駒東小学校→同市立緑ヶ丘中学校私立東大寺学園高等学校河合塾予備校大阪校京都大学法学部→同大学院法学研究科→愛媛大学法文学部助手→同講師→神戸大学大学院国際協力研究科助教授→同教授

1992年9月から翌年2月まで ソウル大学校語学研究所学生
1996年8月から翌年1月まで 
韓国国際交流財団研究フェロー
1998年9月から翌年10月まで 
ハーバード大学フェアバンク東アジア研究センター客員研究員
2001年7月から10月まで 高麗大学校アジア問題研究所客員研究員

2006年7月から9月まで 世宗研究所客員研究員
2008年3月から5月までオーストラリア国立大学アジア学部客員研究員
担当講義等 比較政治文化比較地域研究論、Comparative Politics(神戸大学)、
政治学特論A
政治学特論B(関西学院大学)など
 
給料 辛うじて家族を養える程度

趣味

登山(山歩き) 子供の頃に、親に無理やり(?)連れて行かれて、自宅近くの山から、日本アルプスの3000m級の山々、富士山や磐梯山、霧島等に登らされました。
最近、再び、現役に復帰し、自宅近くの低山や八ヶ岳等にとぼとぼ登っています。
海外では、朝鮮半島の山(雪岳山・智異山・金剛山、但し、金剛山は途中まで)や、シナイ半島のシナイ山に登ったこともあります。シナイ山で見た夕焼けは一生忘れないでしょう。
ドライブ 三菱DION。2000年9月までは7年間、1977年製VW Type1に乗っていました。
アメリカでは1992年製のGMのGeo Metro(≒Suzuki Swift)。
旅行 アメリカ、メキシコ、カナダ、タイ、バングラデッシュ、インド、エジプト、ヨルダン、イスラエル、ロシア、韓国、シンガポール、マレーシア、パキスタン、イギリス、アイルランド、台湾、カンボジア、ウズベキスタン、フィリピン、中国、北朝鮮、キルギス等が、現在までの訪問国。
写真撮影 愛機の変遷は、Orympus PEN → Minolta SR101 → Minolta XE →
Minolta α8700i(現役) → Fujifilm FinePix 4500 → Richo Caprio RR30 →
Canon Power Shot S10
→ PENTAX Optio S40 → Fujifilm FinePix 4500(現役) →
Canon IXY Digital 50(現役) → PENTAX Optio E60(現役)
その他 子育て(?)、旅行、各種展覧会等鑑賞、スポーツ観戦、等
お会いした有名人
(研究者除く)

ナイジェル・マンセル、ラナリット王子、金泳三、金大中、鄭周永、盧武鉉、李会昌、李登輝、浜村淳、沢松奈保子
安倍晋三、麻生太郎、舛添要一

食事 胃潰瘍になってから刺激物は食べれなくなった(朝鮮半島研究者としては少し致命的?)
主な既往症 肺気胸、胃潰瘍、甲状腺機能低下症、アレルギー性鼻炎、不安神経症、鬱病(ぼろぼろです...)
睡眠 一日7時間弱、最近、眠れないことが多くなった
政治的信条 徹底しきれない自由放任主義

ここまで読まれた方、ごくろうさまでした。
            (仕事や勉強もちゃんとしようね。)

尚、プロフィールの内容については、詳しくは本人に人に確認して下さい。

何はともあれ、宜しくお願いします。


Kan Kimura's Homepage, Japanese Editionへ

inserted by FC2 system