特別講座「韓国・朝鮮学セミナー」用レジュメ(2002年2月13日分)

解放以後の韓国政治と日韓関係
− 民主化と経済発展の中で −

神戸大学大学院国際協力研究科 助教授
木村 幹


はじめに
1. 解放時の韓国社会
 a.「突然の解放」と政治的混乱
 b.「大日本帝国」の解体と経済的困窮
2. 李承晩と「権威主義体制」
 a.「独立の父」としての李承晩
 b.李承晩「独裁体制」の形成
 c.「与村野都」体制の出現
3. 朴正煕と経済発展
 a.二つの「革命」とポスト・李承晩
 b.カリスマ性なきリーダーによる「上からの経済発展」
 c.政治的破綻としての「維新体制」
4. 80年代のブレーク・スルー
 a.全斗漢政権のディレンマ
 b.経済的発展と民主化の相互連関
 c.世代交代と「対日意識」の転換
5.「惰性」としての90年代
 a.盧泰愚・金泳三・金大中政権の類似性
 b.東アジアの共通する経済的限界
むすびにかえて −  「現在」につながるもの

レジュメの目次へ戻る

inserted by FC2 system