韓国ナショナリズムの前提条件

1.はじめに

a)「近代」とナショナリズム

− 「主権国家」を追求する「民族」

(等質的な主体の形成、自他意識の形成、

 自らが主権国家を持つべきであるという意識の形成、その為の論理の形成)

b)韓国ナショナリズムの特殊性(一般的な意味での)

− 「強烈」なナショナリズムの自己主張

  「一民族一国家」の原則に限りなく近い朝鮮半島

  内からの認識と外からの認識のギャップ

  ナショナリズムの韓国社会で有する特別な絶対視

  近代化、就中NIEs的発展と、ナショナリズムの関係

 

2.等質性と前近代東アジア国際システム

「国境」を有する特異な前近代国際システムとしての「海禁体制」

→ 「固定された巡礼圏」の結果としての、人々の等質化

例・中華帝国官僚としての道の途絶

  日中両国との間の物理的交流の途絶

 

3.対日抗争の中での「意識」形成

a)華夷意識からの脱却 衛正斥邪思想の物理的・思想的敗退

b)「東学」的「人乃天」論理の挫折 − 日韓併合への編入と失望

c)三一運動と大韓「民国」臨時政 − 王朝からの断絶

 

4.「主権国家」獲得の為の論理形成

a)理論的前提 「自らが主権国家を獲得すべきである」「運用できる」「獲得する力がある」

ことの、理論的・現実的証明の必要

b)王朝エリートの挫折

 (い)既存のものとしての「小国意識」 − 開国論理の相違

 (ろ)「小国意識」からの脱却の失敗  − 政府の有する「開発資源」の極少 

c)独立運動の挫折

 (い)武力抗争の後退        − 実力不足、資金難

 (ろ)国内派(自力成路線)の敗退 − 「親日派」への現実的・理念的編入

    (背景としての、日本の「分厚い統治」)

d)海外派、就中、「外勢依存派」の勝利

  → 外勢依存正当化論理の形成(小国を支援することは大国の当然の義務である)

 

むすびにかえて 独立韓国への展望

a)強力なナショナリズム感情と外資依存体制の併存可能化

b)「民主化」とは何だったのか − 「国内派」の流れを引く「民主党」系列

   → 「国内派」の「国外派」に対する抵抗の歴史としての民主化運動

(その総決算としての、金泳三政権)

  c)「小国意識」からの脱却の可能性

   − 「先進国」として自らの力で必要な資源動員を行う国家への転換(また、統一との関係で)

レジュメの目次へ戻る 
inserted by FC2 system